ローコスト簡易筋電計。素人にも作れるか!??①

スポンサーリンク

※作り方等詳細を知りたい方は↓のサイトをご参照ください。
http://www.f.waseda.jp/y.muraoka/Simple-EMG-BF/1home.html

先日、ローコストBF(バイオフィードバック)用筋電計なる言葉をFacebook上で知りました。

Webサイトを見ると、なんと部品の入手先まで!

一昨日ポチったら、昨日部品到着。

ただ、基盤は受注生産品らしく少数だと高額になるようで、ユニバーサル基盤(1つ30円)というただの穴あきの板で作ってみることにしました。

ちなみに電子工作なんてやったことなし。
半田付けは、子どものおもちゃ直す時に少しやったという程度のレベル。

論文を参考にしながら組み立てればなんとかなるさ〜♪

てなもんで始めたのはいけれど

どうも論文で解説してるのと、Webサイトで解説してるのが違うっぽい。

配線図は論文。集めた部品はWebサイトで解説してるやつ。
さて困った。完成品と違う部品を集めてしまった。

Webの解説動画から基板上の配線読み取ろうとしたけど、無理

論文で解説してる筋電計は2ch。Webを参考に集めた部品は1chの筋電計用。

1ch筋電計の配線図が必要だ。

よく見ると、論文上の配線図は回路が2つ並列に繋がっているっぽい。
ということは、これを切り離せばWebで紹介してるのと同じになるはずだ。

しばらく回路図とにらめっこ。

スポンサーリンク

持つべきものは知識

不思議な記号ばかりの配線図。当然、宇宙からのメッセージみたいでさっぱりわからん。

そういえば、抵抗とコンデンサとトランジスタって高校物理で習ったっけ。

侮れじ、高校物理。

知識を総動員すると、宇宙語が外国語くらいに読めてくる。

おや? 並列回路を切り離して単体にすると、どうしてもひとつコンデンサが多くなる。

うーん...

Webサイトをよく見てみると、基盤のガーバーデータというものを発見。
画像化するのに半日、それを僕のような素人にもわかるような配線図にするのに半日。

PCがインターネットに繋がらないので、やたらめんどくさかったー。

そして、こんな配線図になりました。全く自信ありません。

来週組み立てますので、わかる人いたら教えてください。

この配線図、これでいいの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です