投稿会「社会復帰を考える」2017.11

スポンサーリンク

「社会復帰」

リハビリテーションと密接につながっている言葉。
リハビリテーションは素晴らしい!
的に語られることが多いけど、そのダークサイドを語ってみたいと思う。

経済学の視点。

経済学って医療・福祉に携わる人や、その恩恵にあずかる人は慣れてないことが多い。
えげつなく見える人が非常に多いと思う。
そういう意味でダークサイド。

Ruskという内科医

Physical Medicine and Rehabilitationの創成期、
Ruskという内科医は安静→回復という名目でごろごろしている戦傷兵を見て、
「こりゃいかん」と思った。

ほら、起きろ!
ほら、働け!
ほら、(時々)遊べ!

って感じで過剰な安静をやめてみたら、回復が早くなって原隊復帰するまでの期間が短縮された。
(多少脚色あり)

これが始まりと言われている。

社会復帰とは

そして…

と、この先を何度も書き直した。
何度書いても尖った内容になってしまう。

学問は中立だから引用すればいいかと思って、
アダム・スミスやらマルクスやらケインズやらフロムやら(の概説(^^;))を読み直した。
けど、やっぱり尖ったことしか書けない。

スポンサーリンク

だから、書くのやめた。


とあるレジェンド理学療法士のU先生は、
「共産主義にはリハビリテーションはない」
と言った。

とあるレジェンド作業療法士のY先生は、
Give a man a fish and you feed him for a day; show him how to catch fish and you feed him for a lifetime.
とプリントされたTシャツを着てふらっと研修会に現れた。


社会とはなにか?
マクロに見れば、経済、国家、世界。
ミクロに見れば、家族、仲間。


個の役割のない社会はない。

マクロに考えた役割は何か?
ミクロではどうか?


社会福祉とは何をするものか?
では、リハビリテーションは?


結果、社会復帰とは、リハビリテーションとの関係でいえばTax Payerになることという結論。


知識は行動を伴って具現化される。
人々の間で意味を持つのは知識ではなく行動だ。


いくら正しいこととわかってても、わざと間違ったことをすることもある。
車にひかれそうな人がいたら、赤信号無視して助けるに決まってる。


学生と話すと
「僕は○○と思います」とよく言われる。
決まってこう答えてる。
「カラスが白いと思おうが、黄色いと思おうが、あなたの自由だ。で、カラスは何色なんだ?」


それが答えです。


ピンと来た人は僕と同じ感性の持ち主ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です